お金が貯まらない人の特徴とお金を貯める方法

散財

 

きちんと働いているのに、毎月の給料がすぐに底をついてしまい、貯金にお金が回らない、お金が貯まらないという人をよく聞きます。このようにお金が貯まらない人の特徴をいくつか挙げてみたいと思います。

 

お金が貯まらない人は月のお金の出費をよく把握していない

 

出費

 

お金がたまらない人の特徴としては、あまり深く物事を考えずに行動をして、今が良かったら良いかなという風に考えてしまう傾向があります。
お金がたまる人は収入に対して支出がどれだけある、プラスなのかマイナスなのかということを把握して注意しながら計画的に生活をしているのですが、お金がたまらない人はそういったことに対して考えていない特徴があります。
結果としてお金がたまっていないなと自分で後からびっくりすることがあります。

 

月に大体いくら入って、月にどのくらいのお金が生活費として必要になるのかをよく把握していない傾向にあります。

 

入ってきたお金から月にかかる家の家賃、大体の食費、光熱費また交際費などを差し引いていくら手元に残るのか。まずはそこの管理からしっかりしていくべきでしょう。

 

家計簿などをつけていない場合は、まず月のお金がどのような動きをしているのか一度見てみたらどうでしょうか。

 

お金が貯まらない人は月の貯金額の目標がない

わからない女性

 

お金を貯めるのは、いくら貯めようという目標が必要だと思います。

 

半年、1年単位でいくらの貯金を!と決めるのも良いかもしれませんが、月単位に5万円を貯金に回すなどと決めておくと、無駄な出費を抑えることもできますね。

 

手取りから1ヶ月にかかる生活費を引き、余ったうちのいくらかを毎月の貯金額と決める。よっぽどのこと以外には一度貯めたお金には手を出さないなど。そうすると毎月定期的な貯金をしていくことができますね。

 

お金が貯まらない人は物欲が強い

ショッピングを楽しむ女性

 

我慢をすることが苦手で、ほしいと思ったら飛びついて買ってしまったり、物欲が強いという傾向もあります。

 

お金を貯めるためにはある程度ほしい物も計画的に購入してセーブしないといけないのですが、それがなかなかできないのでお金がたまらないのです。

 

物欲が強くて、さらに楽観的で前向きといった特徴を持っていることも多いです。お金がたまる人は将来にわたってまで真面目に考えて、冷静に色々考えて、若干悲観的にとらえるからこそ、お金をためようと思うことがあります。
しかしお金がたまらない人は楽観的で、お金に関しては何とかなるという風に思ってしまうのです。楽観的で前向きというのは長所としてそれを発揮できる時もあるのですが、お金に関しては楽観的なのはデメリットにもなります。

 

物欲が強い人は、見栄っ張りな部分もあり、人付き合いなどで使ってしまったり、周りに合わせてお金を使う、体裁を整えるためにお金を使うという人は、自分の収入に合わない生活をしてしまうために、お金がたまらないのです。

 

お金が貯まらないを改善する方法

改善

 

こういったお金がたまらないという特徴を改善するためにできることは、将来に対してしっかりと計画性を持つことが大事です。

 

毎月の収入がいくら、支出がいくらなのかというのを紙に書き出して、現状がどうなっているのか確認をしましょう。そして将来にわたっていくらお金が必要になり、いくらためたら良いのかということをしっかりと考えます。

 

そうすることで無計画にお金をためていたら、将来に困ったことになるな、このままではいけないなという風な冷静さを持って、自分自身のお金の使い方を見直すきっかけになります。

 

ただ今までお金を使っていた生活を変えることはなかなか難しい部分もあるので、少しづつ減らしていく、最初は目標を低めに設定して、ここまで貯金しようと目指す、達成したらまた目標を少し高めにして、クリアしていくことの達成感を積み重ねていくことも大事です。

 

最初からガラリと変えることは難しいですし、挫折してしまいがちになるので、少しづつの一歩で節約体質につなげていくようにしましょう。

 

必ず貯金は定期貯金に

貯金

 

月に決まったお金を貯めていく時に、貯金分は定期貯金にいれていくといいでしょう。

 

定期貯金ですと貯金している額によって利子も普通貯金よりは多くつきますし、普通貯金のように簡単に引き出すことができないのも、上手く貯めていける方法だと思います。

 

定期貯金は利用せずに普通貯金にこだわるのであれば、たとえば他銀行の口座には貯金しているお金をのみを入れて貯金専用にしてみるとか。

 

この口座は貯めるためであって出さないなどときっちり決まり事を決めたりすると、使うお金と使わないお金をうまく使い分けることができるでしょう。

 

購入前に考える。それは本当に必要なもの?

疑問

 

ショッピングなどに行くと、特に何も買うつもりはないのについ可愛いものやセール品を見つけてしまうと買ってしまうことがありますね。

 

本当に必要なものならばいいのですが、買ってしまったあとに実際使う機会がなく、タンスの中で眠ってしまうような品物を購入したことはありませんか?

 

似たようなものをすでに持っていたり、家に帰ってよく見てみるとそこまで好みではなかったりなど。もし購入前にどうしようかと悩むことがあるなら、一旦何も買わずにこれは本当に必要な物かを考えてみたらどうでしょうか。

 

特に高額な物に対しては、すぐに決断を出さずに、一定期間考える時間を確保して、やはり欲しいという結論になれば買うという風にしましょう。

 

一目見た時にはどうしても欲しくなってしまったものでも、落ち着いて考えたらやっぱりいいやとなるかもしれません。迷ったら考える。そのお金は次回本当に必要になったものに使う。これも無駄な出費を抑える一つの重要ポイントです。

 

ネットで買い物をしすぎてしまう、カードで買い物をしてしまうという傾向がある人は、ネットで買い物をすることを控えてネットショッピングをしないということも大事です。カードを使わない生活をして現金で買うようにすることも大事です。

 

まとめ

自分がなぜお金を使ってしまうのかを分析して、たまらない原因を見つける、それに対して対策を立てていることで、お金が貯まらないという状況を改善していくことができます。

 

なぜお金を貯めたいのかということがしっかりしていると、ぶれずにお金を貯める努力ができます。収入がすくなくてお金が貯まらないというケースの場合には、収入を増やすためにはどうしたら良いのか考えて、それを努力することも前提になってきます。

 

また、お金は貯めようという目標があれば色々な方法で貯めることができます。

 

最初は無理せず少額から設定し、余裕ができたら月の貯金額を上げてみるのもいいかもしれません。この調子だと1年後にはいくらだな、頑張ろう!と目標も立てやすくなります。

 

事情によりいつもより少ない金額の貯金額になってしまう月があるかもしれませんが、一向に構いません。毎月きちんといくらかの額は貯金にまわし継続していくことが大切になります。

 

また500円貯金など買いもののお釣りから出た小さな小銭からお金を貯めていくのも面白いですね。今は色んなデザインや種類の貯金箱があるので、お気に入りのを1つ見つけて財布にある小銭を清掃するように貯金してしまうのもいいかもしれません。

 

目標額などが自分の中で設定できればどんどんお金が貯まっていくことが次第に楽しくなっていきますよ。頑張って貯金名人を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です