承認欲求が強い人の特徴4選

ネットニュース

承認欲求が強い人の特徴4選


寂しがり屋

 

承認欲求が強すぎる人は、たくさんの友達をもちたがったり、誰かと群れていたり、一人で行動吸うのが苦手だったりするひとが多いと思っています。

 

承認欲求とは、自分が誰かから認められたいと思うものである。また自分が自分を認められるか、自己承認ともよばれています。自分を誰かに認めてもらいたい、このような気持ちはだれにでもあるものです。ですが、この気持ちが以上に強い人がいます。その人たちにはある特徴があります。

 

承認欲求が強い人は寂しがり屋

寂しがり屋な人は、twitterやfacebook、LINEなどで友達が多い傾向にあります。SNSは事故発信のツールの一つでもあります。

 

ということは、自分のことを相手に知ってもらい、相手に同意など求め認めてもらうという無意識からの行動を起こしがちです。友達の人数が多いほど、認めてもらえる確率が高くなりますからね。

 

承認欲求が強い人は他人をほめる

 

他人をほめることにより、その行為が自分に返ってきます。この行動は女子の間でよく見られます。○○ちゃんかわいいね、△△ちゃんもかわいいよ~。など、女子たちの間で繰り広げられることが多いです。

 

もしそれがお世辞だったとしても、自分の中でかわいいと言ってもらえたと満足できることができます。そうして承認欲求は満たすことができます。

 

承認欲求が強い人は自分のことをよく語る

承認欲求の強い人はよく自分語りをします。自分語りは「主張」とも言い表すことができます。

 

自分の考えや、感じたこと、その時の気持ちなどを相手にはなし、それに同意を求めてくる場合などが多いです。

 

ひどい場合は同意だけではなく、考えや気持ちをこちら側まで押し付けて来る人もいるでしょう。また、このように自分のことを多く語る人は、相手の話を聞かないことも考えられます。

 

承認欲求が強い人は目立ちたがり屋

目立ちたがり屋も承認欲求の強い人の一つの特徴であるともいえます。自分が目立つことにより、様々な人からの注目を集めることができます。

 

目立ちたがりにも二つあり、いい成績など善い行いをし目立ちたいタイプと、悪いこと、最近ニュースでよく取り上げられるような行動を起こし目立ちたいタイプがいます。あと、よく嘘をつく人も承認欲求が強いともいえるでしょう。

 

このように承認欲求の強い人たちは、自己顕示欲が強く、誰かが自分を見てくれているというような実感から安心や快感を感じます。

 

誰もが考えられないようなことを急にしだしたり、嘘をついたりし、無理に注目を集めようとします。

 

承認欲求を満たす方法は?

この承認欲求を満たすために、まず1つ目に自分を表現できる何かを持つことです。もちろん悪い表現法ではありません。

 

文章や、イラスト、音楽から事故証言できるツールは様々あります。そして、その成果を誰かに見てもらい評価してもらう。支持をしてくれる人が出てくるかもしれません。

 

2つ目に自分が信頼を置いている人に甘えてみるという方法です。きっと信頼してる人なら、自分が承認欲求の強い人間だというのを理解してくれるはずです。

 

甘えるのが得意ではないという人もいると思いますが、そこで少し頑張ってみないとストレスはたまる一方にあります。その信頼している相手にとって、甘えてくれたという事実は迷惑な行為ではなく、うれしいはずだと思います。

 

承認欲求が強い人は、自分はだれからも認められていないと心のどこかで思っている人が多いです。認められているという実感をもつために、誰かに自分のことを話すのも、SNSに書き込むのもいいですが、過度なものは控えないとみんな避けていってしまうので注意が必要です。

 

すこしずつ、定期的に投稿などしていくのがいいでしょう。そして相手の話に耳を傾け聞き、自分の話も聞いてもらう。このことから、相手の話を聞くというスキルアップにもつなげることができます。


 

episode

この記事に関連する記事一覧