行きたくない飲み会を断る方法は?

ネットニュース

行きたくない飲み会を断る方法は?


飲み屋

 

社会人であれば誰もがお付き合いで飲み会に参加したことがあるでしょう。もしくは今は飲み会に参加出きるような立場ではなくても、大人になればおのとそういった場に出る機会が増えるでしょう。

 

飲み会と聞くと居酒屋などで普段の仕事や義務を忘れ、皆んなでワイワイ気楽に盛り上がっているだけだというイメージの方もいるかもしれませんが、冒頭で書いたようにまさしく、飲み会とは大人のお付き合いになるのです。

 

ただお酒を飲んで世間話をするだけではなく、他人に気を配れるか、お酒の席での態度や人間性を見られたり、実際にお酒の席で進むビジネスの話もあるのです。

 

学生がサークルの先輩後輩の人たちと飲み会に行く感覚とはやはり違います。社会人の飲み会の場合は特に、義務感や半分仕事のような感覚が付いて回るでしょう。

 

そういった中での経験を積み重ねていくと、人によっては無理矢理感が強くなり、飲み会に参加するのが億劫になる場合もあるでしょう。

 

特に飲み会に参加したいかどうか、一番の分かれ目は職場の人間関係が上手くいっているかいないかの違いにあります。

 

普段から円滑にコミュニケーションを取れてさえいれば、若しくは中の良い人がいれば一緒に飲みの席での話をしてみたいと思うでしょう。

 

外部の会社の方とサシで飲みに行く場合もありますが、かなり上の役職でもなければそうそうそういった機会に遭遇することはありません。

 

仲間と呼べる人がいる場合、飲み会の中での居心地が格段に良くなるのでそこまで重荷には感じないかもしれません。

 

反対に職場の人間関係があまり良くなかった場合は、義務感と嫌悪感でいっぱいになってしまい二次会だけでなく、一次会自体にも参加したくないでしょう。

 

そういった方の場合は無理をしても精神的に負荷がかかってしまうので、きちんとお断りする方が良いでしょう。個人の性格によっては飲み会の誘いを断るのが苦手、またはどう断れば良いか分からない方がいるかと思いますので、私個人の経験を元に飲み会の断り方を記載致します。

 

まず用事があるならはっきりと私用で無理だと断る。誰しも決められた時間の中で生活をしていますので、予定が被ることは必ずあります。その場合ははっきりと自分の予定を伝えましょう。

 

予定が特になく、帰りたい場合ははったりでも良いので用事があると言って断ってしまいましょう。嘘も方便です。ご自身の精神状態は必ず肉体に後々響いてきますので、周りよりもまずご自身を大事にしましょう。

 

職場の人のタイプによっては強引に飲み会に来てくれと言われることもあるかもしれません。そういう時には、疲れているので帰って休みます、後の仕事に影響すると困るので等真面目に仕事に取り組んで意識している旨を匂わせましょう。流石にそこまで言えば食い下がってくる人はいないでしょう。

 

もしいたならば大問題ですので、その人よりもさらに上の上司に相談しましょう。ご自分の予定を述べる、または嘘をつくのが忍びないと思っていて、それすらも切り出しづらい場合は突然の腹痛や頭痛などの急な体調の変化を訴えましょう。具合の悪い人を引きずって飲み会に参加させようなどということにはならないでしょう。

 

もし具体的な理由がない場合や断る材料がなく言えないのであれば、一旦は飲み会に参加するとOKを出しておき、ドタキャンするのも手です。

 

こういった断り方の方法が使えず、しぶしぶ参加していくということも出来ます。飲み会は永遠に続く訳ではないので、一時凌ぎをすれば良いと思うこともあるでしょう。

 

実際私は無理に飲み会に参加した結果、通院することになった経験があります。もしそうなってしまったら後の祭りで、薬を服用し、暫く病院通いの日々が続きました。

 

その後は飲み会どころの話ではなく、業務にまで影響が出てしまい、大変な自体になりました。大人の付き合いといえど、身体を壊してまでやるものではありません。

 

ここまでで述べた飲み会も断り方は、私が実際に使ったやり方ですので、参考にしていただければ幸いです。無理せず、できる範囲で飲み会には参加しましょう。


 

episode

この記事に関連する記事一覧