あらゆる情報を独自の視点で展開するニュースメディア

ネットニュース

先延ばしにする癖があるひとは要領が悪い人


先延ばし

 

要領が悪い人は何事も先延ばしに癖があります。私は自営業なので全て自分で管理しないといけないのですが、要領が悪いので度々困っていました。

 

主に海外を行き来しながらアートやグラフィックデザインの展示会場の設営の計画などを行っているのですが、何かパソコンで仕事をやることがあっても、今日は忙しいから明日にしようと先延ばしにし、翌日になると今日は疲れたから明日にしようと、延々と進まないのです。

 

またようやくやろうと決心がついてやりだしても、夕飯を食べながら行ったり、その後、風呂に入って、その後また少し作業を始めますが、眠くなってベッドの中で作業するが結局寝てしまい、少しはやったが翌日に持ち越してしまうというルーティーンです。

 

本気で集中すればあまり時間がかからないものの、このように要領が悪いせいで時間を浪費してしまうのです。またカフェなどで仕事をすれば落ち着いてできるのではないかと思いますが、カフェに入るとお金がかかる、なら今日こそは家で集中しようと家に帰るも、またまた先ほどのようにダラダラしてしまい仕事が終わらないのです。

 

砂時計
そして締め切りギリギリや前日になってやっとやばいと思い作業を始めるも、作業を進めているうち途中で、のちに作業を進める上で必要な道具などがあることがわかり、買おうにも夜中なので店もやっていなく、買いに行けなく仕事も完了できないので、最終的にやる気になったとしても終わらなかった・・・そして、さらに翌日は日曜日で店は休み、翌々日の月曜日には出張で出国するのでもう日本では調達できない・・・・というのが最悪なパターンです。

 

そして海外について打ち合わせの前まで作業を続けるはめになり、慣れない海外の街に出て、買い出しをしないといけないという、日本でやっていけばよかったことを全て先延ばしにした結果、さらに大変な目に会うという悪循環です。

 

なんとか打ち合わせまでの資料はできましたが、ハラハラした上に疲れがどっと出てしまうという今では笑い話ですが、少なからず物事を進める上では笑えない要領の悪さがあるということを痛感しました。

 

当たり前のことですが、仕事の締め切りまでの日時を把握し、1日ごとに今日は何をするか全部書き出し、それがそのうちの何を完了できたかチェックできるようにし、また締め切り二日前までに全て終わらせ、残り二日は予備日にしてミスや足りない部分がないか確かめるように計画を徹底することにしました。

 

もちろん毎日必ずしも計画通りにならない部分もありますが、前よりかは進むようになりました。というのも1日に目標を達成できなかったら自分はダメなやつだとと思うようにし、自分の定めたダメなやつにならないように1日過ごすように意識したからです。

 

もちろん完璧は目指しますが、人間毎日からなずうまくいくとも限らないので、仕事量を詰め込むこともせず、1日のプランにゆとりを持ち、あくまでもできそうな範囲で無理なく取り組むことの必要でも学びました。

一週間の計画、一ヶ月の計画、三ヶ月の計画も頭の中に描いていき、長期プランも練ることで、そこから1日も逆算できるので、自然と前に比べれば効率が良くなっていくことがわかりました。

 

要領が悪いことは、日々の生活において悪循環ですし、トータルで見たとき時間を無駄にしていることが多いです。なので、気づいた瞬間から、どうしたらよいかを日々考え、未来もどうするか考えていくことが大事なのではないかと今では感じています。


 

episode

この記事に関連する記事一覧