頭の回転が遅い原因とは?頭の回転を速くする方法

ネットニュース

頭の回転が遅い原因とは?頭の回転を速くする方法


悩む女性

 

ちょっとした会話がうまく続かない、突発的な行動に適切な対処がとれないなど、頭の回転の遅さを起因とするような行動をとったことがある人は少なくないと思います。

 

ではこのような行動を避けるため頭の回転を速くするにはどうしたらいいのでしょうか。それには頭の回転の遅さの原因を知る必要があります。頭の回転の遅さの原因としてあげられるものは幾つかありますが、ここでは主要な原因を取り上げたいと思います。

 

頭の回転が遅い原因は経験値不足

経験値

 

まず1つは人生における経験値が足りない場合です。例えば商談で突発的で無理な要求を突きつけられた場合、初めての商談に望む新人と何度も無茶な商談を乗り越えてきた経験者ではその対処の速さはまるで違います。

 

前者は経験がないため、商談の明確な線引きがうまく引けずにまず悩みます。そして同時に商談が失敗した場合のことなど余計なことも考えてしまい、なお行動の遅延を生むことになってしまうのです。

 

なら後者はどうでしょうか。後者は経験から会社の利益を生む商談の成立を知っています。頭の中にすでに答えがあるのです。後はそれに合わせた行動をとればいいだけで、突発的な思考は前者に比べて少なく済みます。

 

経験を重ねることは思考を洗練し、シンプルにします。シンプルな思考は行動の素早さを生むことになります。逆に足らない場合に頭の回転の遅さを起因とするような行動をとってしまうのです。これが頭の回転の遅さを生む経験値不足です。

 

頭の回転が遅い原因は想像力の欠如

想像力

 

第2の理由は想像力の欠如です。先の例であげた商談ですが、現実には初めてなのにうまく対処できる頭の回転が速い人物がいます。ではそういう人と遅くなってしまう人の違いは何なのでしょうか。答えは想像力にあります。

 

先の回転の速い人は何度も商談を経験した人から情報を聞き取り、いろんな場合の対処も学んでいました。これを聞く限り、他者の経験から経験不足を補っただけのようにも聞こえます。

 

ですが経験を学んだことよりその前の行動が重要なのです。自分の周りには経験を積んだ人がいることを理解し、その人達から学べば、仮ではあるが経験を得られると想像することができるかどうかがここでのポイントです。

 

想像力があったかどうかが回転の速い人と遅い人を分けたのです。予想という字に想の字が付いているように、想像力は突発的な出来事を予測していた出来事に変えてしまうことができるのです。

 

頭の回転が遅い原因は勇気が足りていないから

勇気

 

そして最後に勇気です。少年漫画で出てくるような要因ですが、頭の回転の遅さにも関わってきます。というよりもこれが原因で頭の回転が遅いと思われている人も多いのではないでしょうか。

 

頭の中には既にするべき行動や答えがある程度決まっているのに、行動する勇気が持てず、余計な思考を重ねてそれらの行動や答えすら見失ってしまう場合です。

 

頭の中のことは身体で表現しなければ表に出ることはなく、表に出なければ相手に伝わることもありません。そしてそれは相手にとっては頭の回転の遅い人物の行動に他ならないのです。頭の回転の速い人が取れる即決即断。素早く頭の中で決め、断行するためには行動する勇気もまた必要なのです。

 

頭の回転が遅い人が頭の回転を速くする方法

勇気

 

さて頭の回転の遅さを改善するためにはこれらの原因を取り除けば良いのです。最初の経験不足と最後の行動する勇気を持つことは同じ要領で改善することができます。これをしてみたい、やってみたいと思いつくものにいろいろと挑戦すればいいのです。(もちろん犯罪はいけません。)

 

失敗を恐れず行動してください、成功したらその成功を誇ってください。何度も挑戦することが行動するハードルを下げます。多くの成功がその後の行動にも自信を与えてくれます。

 

経験もそうです。そこで得た経験がシンプルな思考を作り素早い行動ができるようになります。それだけではありません。新しいことに色々と挑戦することで初めての出来事にもどういう対処を取ればよいのか人より多く体験することができるのです。そしてそこで得た経験は、想像力を得ることでなお輝くことになります。

 

次に想像力です。想像力を身に付ける方法で最も簡単なことは多くの書物を読むことでしょう。私は小説がもっともよいと思いますが、そうじゃなくても問題ありません。家電製品や料理系の雑誌を見て、その商品を自分が使用しているところや料理を作って家族と共に食べているところを想像してみてください。

 

漫画を読んでこの先どういう展開が待っているのか想像してください。小説を読み、その場面を想像してみてください。その想像があなたの想像力を鍛え、想像することを日常的な行動の1つにしてくれます。

 

また先にも書きましたが、経験とこの想像力が結びつくことであなたの大きな力となるでしょう。「一を知って十を知る」です。あなたは1つの経験からその先を想像し多くのことを学ぶことができるようになります。それらの知識や経験は、突発的な出来事を予想内の出来事に変えてくれるでしょう。

 

頭の回転の遅い人は今の自分の先を準備していない人です。いろんな経験を積み、想像力を鍛えることでその先の準備をし、そして行動できたなら、その時あなたは間違いなく頭の回転が速い人物の1人です。


 

episode

この記事に関連する記事一覧