DUCKY CHANNEL

ネットニュース

Macのキーボードが打ちにくい時はWindowsキーボードへ即変更すべし


imac

自宅のパソコンはiMacを使用しているのですが、

「正直、Macのキーボードって打ちづらくないですか?」

 

Macのキーボードはタイピングがしづらくて、

指が太い私はよくタイプミスをしてしまいます。

 

タイピングをしていてもあまり快適ではなかったので、

思い切ってmacのキーボードを捨ててWindows用のキーボードを

iMacに繋げて使うことにしました。

 

キーボードにはかなりこだわりを持っているので、

ヤマダ電機で色んなキーボードをタイプして最も相性のよい

キーボードを選んできました。

 

私が選んだキーボードは、DUCKY CHANNELの「SHINE5」です。

 

keyboard

 

LEDで暗いときにでも複数のパターンで好きな色で発光させることができます。

私は、あまり使っていませんがLEDは使ってしませんが、、、。

自宅のiMacに接続しても問題なく使用できます。

 

ducky-channel

 

1番オススメのポイントは、とにかくタイピングがしやすく、打鍵音も最高です。

DUCKY CHANNELのキーボードはタイピングの重さや軽さ、

タイピング音が自分の好みに合わせて自由に選べます。

 

値段は1万9千円前後したため、結構高いと思いましたが、

とにかくキーボードにこだわりをもっている方は、

絶対に買って損はしないものです。

 

ここ1年間の中で1番買ってよかったと感じるぐらい、

最高のキーボードです。

 

買う前は、MacにWindows用のキーボードを接続して、

万が一、使えなかったり、使用できないボタンがあったら、

嫌だなぁと思っていましたが、問題なく正常に動作しています。

 

commandキーやcontrolキーもwindowsの配列に合わせるために、

システム環境設定から簡単に設定することが可能です。

 

タイピングスピードが劇的に早まったし、

何よりも打っていて心地がよいです。

 

ブログを書いたり、Wordで文章を作成することが頻繁にあるひとは、

キーボードは徹底的にこだわったほうが良いです。

 

タイピングの時間やタイプ疲れを大幅に削減してくれるので、

自分に投資をする意味で、奮発してみることをオススメします。

 

もし、Macのキーボードが打ちにくいと感じたら、

すぐにWindowsのキーボードへ変更しましょう。

 

もっと早くから変えておけば良かったと後悔するかもしれませんね。

ただし、Windowsのキーボードの中でもmacに対応していないものもあるため、

事前に買う前に注意が必要です。

 

せっかく、Windowsのキーボードを買ったのに、

自宅のMacで使えないと悲惨ですからね。


 

PC

この記事に関連する記事一覧